#815 BSR5TN-CM

Walnutは、最良のTone Woodであり、それ単体でも弾き手を十人分に納得させ得るサウンドを持っていることは疑いありませんが、1+1で3にも4にもなり得る為の方法論を具現化しているのがKen Smithです。

木目の美しい材を使用しているメーカーは、現在では少なくありませんが、そこから生まれてくるトーンによって、全体の方向性を楽器として組み上げる以前に織り込んでしまえる製作家はそれほど多くはありません。

同じ材であっても玉、網、縞、渦、火炎、瘤、さば、筍、縮み、波などその杢目は、自然の産物である以上様々ですが、その一つ一つの持つ音色も同様に異なり、Ken Smithでは、その微細な違いの一つ一つを楽器の個性へと昇華させていますが、その由来は、やはりコントラバスやチェロに求められます。

Ken Smithは、Top材をそのサウンドの差異の最重要要素として挙げていますが、Neckの木目や気取り、付き板やCore材などの選択に関して、はっきりとした理由を感じる楽器が多く、これが弾き手にとって何十年、もしくはそれ以上の長い期間、手放せない存在となる大きな理由の一つとなっています。

また、細かい部分に着目してみれば、ネジやポットのシャフトの長さのそれぞれにも、なぜそれらを選んでいるかという理由の分かる瞬間が多々あり、表面的には細かいことですが、先々の修理や調整における問題点の解消に大きく貢献しています。

NECK 5pc. Aged Hardrock Maple & Shedua w/ Graphite Inlaid Bars
FINGERBOARD Macassar Ebony with M.O.P. Top & Side Dots
BODY WINGS 4A Crotch Walnut Top & Back (5pc.)
BODY CORE Highly Figured Tiger Maple
FINISH Classic Hand Rubbed Dutch Varnish
over Stradivari Gold Oil (Ken’s Secret Sauce)
HARDWARE Gold
ELECTRONICS Series/Parallel Switches with Smith B.M.T. 3 Band EQ Circuit
& Smith Custom Bass Hambucking Soapbar Pickups
[`evernote` not found]
LINEで送る