Stellartone

Stellartone logo

Tone Styler

Tone Styler簡単な取り付けで、今までロスしていた信号の全てを出力する、今まで聴こえてこなかったものが聴こえる、画期的なトーンコントロールがTone Stylerです。

100の美辞麗句に目を通すよりも、まずこのデモをご覧ください。
Tone StylerのDemoはこちら≫GO

高域をコンデンサーによってカットしていくTone Controlは、楽器に当たり前に備わっている機能の一つですが、高域をカットするだけでなく、その存在のみですでに信号や情報を相当ロスしています(トーンコントロールを外してみるだけでも、その違いははっきりしています)。

ポット=抵抗であるため、通常のTone Controlは、トーンカットを行っていなくとも、音色の劣化を招くのに対し、このTone Stylerは、ジャック直結で生み出される楽器本来の純粋なサウンドを生み出すことや、中域や、豊かな倍音を損ねること無く、純粋に高域のみをカットすることを可能にしています。

その為、トーンコントロールによって得られる音作りの幅は幾重にも広がり、同時に楽器の多様性をも広げることとなります。

通常のTone Control PotとTone Stylerの音質の変化のチャートです(pdf fileです)。こちらをご覧いただければ、両者の差は一目瞭然です。≫GO

Tone Stylerのポットは、True By-Pass状態から始まり、16段階のロータリータイプになっている為(8段階のものも用意されています)、曖昧な設定ではなく、確実で安定した音作りを保証し、一般的なトーンコントロールの延長にある、慣れ親しんだ使いやすさも持っています。

他のこのタイプのアクセサリーのように電池を必要とすることもなく、取り付けは非常に簡単かつ可逆的であるため(ただし、一度でもTone Stylerを取り付けてしまえば、元に戻したいと願う人はいないでしょう)、楽器に余計な加工を施す必要がないことも弾き手にとってはありがたい要素であり、Villexがそうであるように、ノイズレベルを極限までおさえ、音質劣化とは無縁であることも大きな特徴です。

Tone StylerこのTone Stylerを取り付けてみると、その充実した深みのあるトーンに驚かさせられるでしょう(しかし、これが楽器本来のトーンなのです)。立体感と説得力溢れる、本来備わっている自然な力強い音色の素晴らしさに、必ずしや信憑性が加わるでしょうし、逆に言えば、従来までの一般的なTone Controlによって、いかに音色のおいしい要素を損ねていたかが分かるでしょう(取り付けただけでも十分に違いは感じていただけるでしょうし、Toneをしぼってできる暗めの音色が必要なとき、またアンサンブルやバンドに於いて、特にその違いを大きく感じていただけるでしょう)。

Tone Stylerでは、ポットの16段階のセレクター部分にそれぞれに異なった最適な抵抗を持つようになっており、高級オーディオで採用されている方式でもありますが、これによりピックアップからの信号をもっともロスの無い形でジャックより出力できるようになっています。

楽器の音色は、ピックアップからジャック直結がもっとも良いのは言うまでもありませんが、それ自体はあまり現実的ではありません。しかし、このTone Stylerによって、最良の音色と使い勝手の良いトーンコントロールの存在が両立しえたのです。

Model

.022uF, .047uF, .1uF相当のキャパシターで得られる、高域のカット幅が異なる3種類のモデルをラインナップしています。

Tone Styler Standard

最も浅い利き方をするもので(1/3 Octave)、ストラトをはじめ、エレクトリックギター用のスタンダードなTone Stylerです。True By-pass状態のクリアーで力強く、完全なアナログ信号ならではの自然な音色はもちろん、カットしていった際にも明確に残る力強い中低域は従来のトーンコントロールでは決して得ることのできないものであり、さながら、そこには新しい音色が産まれているかのように感じます。

Tone Styler Jazz

カーブドトップや、セミホロウボディのギターなどに向いているだけでなく、ハムバッキングタイプのピックアップをネック側に持ったギターにおすすめです(ブリッジピックアップの種類は問いません)。

また、ブライトなキャラクターを持つピックアップとの相性も非常に良く、ストラトでジャズギターのようなサウンドを求める方には最適です。

Tone Styler Bass

Tone Styler BassTone Styler Bassは、Tone Styler Jazzのさらに1オクターブ下にまで影響を及ぼすことができ、Passiveのベースにもっとも相性が良いもので、Active Circuitを搭載した楽器にもお使いいただけます(Active Pickupでは正常な動作は保証しかねます)。

ヴィンテージの楽器に採用されていた1uFのキャパシターに相当し、Tone Styler Jazzよりもさらに高域を削ることができます。

(それぞれ、ノブは付属いたしません。また、Lefty用、Long Shaft仕様もございます。 )

新しいエフェクターを導入したり、ピックアップを変える前に、ぜひ一度Tone Stylerをお試しください。楽器の潜在能力の限界に必ずしや驚かさせられるでしょうし、その結果いろいろなものが変わってきます。