#883 BSR6TN-CM

Dingwallのバランスの良さは驚愕するものですが、通常のフレッティングでも同等の調和と安定を誇る楽器の代表であり、その最良をほこるのがKen Smithです。

色々な楽器を理解する為に使ってみますが、やはりいつも思うのは、Ken Smithほどその音色に色気と艶のあるものは無いということです。

誰もが知っている偉大なベースプレイヤーが、かつてエレクトリックベース(特にジャズベース)のサウンドはピアノに合わないと言ったことを良く覚えていますが、Ken Smithという楽器を弾くと、逆のその意味を理解を得ることができます。

ノイズとは無縁でありながら、ポピュラーミュージックからクラシックまで、幅広くアンサンブルの基礎を打ち立てると同時に、下支えすることを可能にしている楽器はそれほど多くはありませんが、そういう理想的な弦楽器をお探しであれば、Ken Smithは間違いの無い選択肢であり続けます。

NECK 5pc. Aged Hardrock Maple & Shedua w/ Graphite Inlaid Bars
FINGERBOARD Macassar Ebony with M.O.P. Top & Side Dots
BODY WINGS 4A Crotch Walnut Top & Back (5pc.)
BODY CORE Highly Figured Tiger Maple
FINISH Classic Hand Rubbed Dutch Varnish
over Stradivari Gold Oil (Ken’s Secret Sauce)
HARDWARE Gold
ELECTRONICS Series/Parallel Switches with Smith B.M.T. 3 Band EQ Circuit
& Smith Custom Bass Hambucking Soapbar Pickups
[`evernote` not found]
LINEで送る