#881 BSR5TN-CM

適切なリリーフの顕在は、弦楽器のポテンシャルを最大限発揮させる上で非常に重要な要素ですが、例外的にそれを完全な形ではないにせよ無視できる楽器があり、それがKen Smithが古くより、多弦楽器の先駆者として登場し、またメーカーとして成功し続けて来た大きな理由の一つであるということは興味深い事象です 。

その上で、Ken Smithという楽器は、トラスロッドは通例、ネックの全域をカバーすることが難しいのすが、それに対する”非”常識が備わっているのと同時に、弦高の設定をどのように変更しても、適切なリリーフを与えることができる工夫がなされているというネックを持っており、これらが、ネックの安定感や信頼性に高く結びついています。

カテゴリー化するとしたら、エレクトリックベースと見なされるものですが、コントラバスやチェロ、そのものではないにせよ、多くのオーディエンスに、鮮烈に特定の音色をイメージとして想起させることのできる、強力かつ完成された楽器です。

NECK 5pc. Aged Hardrock Maple & Shedua w/ Graphite Inlaid Bars
FINGERBOARD Macassar Ebony with M.O.P. Top & Side Dots
BODY WINGS 4A Crotch Walnut Top & Back (5pc.)
BODY CORE Highly Figured Tiger Maple
FINISH Classic Hand Rubbed Dutch Varnish
over Stradivari Gold Oil (Ken’s Secret Sauce)
HARDWARE Gold
ELECTRONICS Series/Parallel Switches with Smith B.M.T. 3 Band EQ Circuit
& Smith Custom Bass Hambucking Soapbar Pickups
[`evernote` not found]
LINEで送る