#439 BSR5MS-WM

塗装の種類と音色にははっきりとした相関関係が存在しており、Oil Finishはドライで、Laqcuer Finishは濡れた質感をもっていますが、前者の特徴が楽器の個性と絶妙なマッチングをみせているのが、この5MSです。

豪放磊落と評するのにぴったりな、コンプレスされていないシンプルで快活なトーンがこの上無く魅力的で、Neck-thruの長所でもあり短所でもあるジェントルさよりも、Set-Neckの楽器が備えている特徴が前面に押し出されているように感じます。

アタックの立ち上がりの速さと、サスティーンの自然な減衰など素材に起因する楽器自体の良さが、適切なアッセンブリーの採用によって阻害する事無く表出している、Ken Smithならではの+αのある楽器です。

NECK 3pc. Aged Hardrock Maple w/ Graphite Inlaid Bars
FINGERBOARD Morado (Pau Ferro) with M.O.P. Side Dots
BODY WINGS Virginia Walnut Top & Back (3pc.)
BODY CORE Tiger Maple
FINISH Classic Hand Rubbed Dutch Varnish
over Stradivari Gold Oil (Ken’s Secret Sauce)
HARDWARE Gold
ELECTRONICS Series/Parallel Switches with Smith B.M.T. 3 Band EQ Circuit
& Smith Custom Bass Hambucking Soapbar Pickups
[`evernote` not found]
LINEで送る